シャムキャッツのリリースツアーがはじまって慌ただしい。当然いろんなことが起きてるので日記書きたい。けど落ち着いてパソコンに向き合う時間ない~。ノートPC欲しい。いまどき「ノートPC」なんて言い方しなそうだな(Windowsユーザーです)。

ツアー先でもサモエドバッヂ売ってて、”ピスタチオ”に続き”K”も売れて後は”白玉”がちょっとだけです。正直こんなに早くなくなるとは思ってなかった…。この先見かけた方はぜひ。

そして! Takuroh Toyamaによる3/15シンギング・ゲーム@神保町試聴室の写真がアップされております。楽しかったなぁ。
http://takurohtoyama.tumblr.com/post/115115623444/may-e-nakayaan-sugawara-shinichi-2015-3-15

広告

シンギング・ゲーム終了しました

2015年3月15日
神保町 試聴室

unnamed (1)

メモリー

SHINICHI SUGAWARA BAND SET
vocal,guitar 菅原慎一(some edo,シャムキャッツ
drums 水谷貴次(peno,ARTLESS NOTE,1983 etc…)
bass バンビ(シャムキャッツ,ポニーのヒサミツ etc…)
flute 松村拓海(+81,1983,peno etc…)
pedal steel 芦田勇人(国旗,yumbo,ポニーのヒサミツ etc…)
fagotto 内藤彩(ex 吉田ヨウヘイgroup,may.e+丘

バンドメンバーそれぞれの活動をチェックしていただけたら幸いです。
てか、このメンバーで音源作りたいなぁ・・・遠征したいなぁ・・・。

ensou

—————————–
一緒に企画してくれたnakayaanことナカヤーン。ここまで至った経緯を遡ると、
ミツメの”Blue Hawaii Session“にえらく感動して、ちょうどシャムキャッツのツアーOFF日と重なってたことも手伝い、大阪の会場にみんなで遊びに行ったことが始まりだったと思う。泊まるホテルが偶然一緒で、打ち上げ後、おれとナカヤーン、ミツメのドラムよーじろう、カメラのたくろう君、物販グンパン(←この語気やばい)のメンバーで、朝方までラウンドワンで遊んだあの日。それがあって、ヤーンとはメールをちょいちょいする仲になって。そしてシャムキャッツの”WINDLESS DAY“を撮る時、とある機材が必要になってヤーンに連絡をしたら、その返信で「話変わりますが、一緒に企画しませんか?」と。ちょうどおれも東京でソロをバンドでしたいと思っていたので即「やろう!」と返事をして。
それからはすいすい話が進んでいきました。
絶対に呼びたかったmay.eの名前をあげたらすぐにOKの返事が来て、宣伝用にたくろー君に写真を撮ってもらおうと提案したらこれまた即快諾してくれて。今思えば、ヤーンサイドの人脈にめちゃお世話になったな。
日程を決めてからの会場探しは少し時間かかったけど、以前カレー屋で(!)挨拶させてもらったことがあった試聴室の根津さんに連絡したら、快く迎え入れて下さった。そして最後にばばちゃんを抑えることができて、喜びと安堵の面持ちで当日を迎えることができた。ばばちゃん、ダイエット中とかいってカロリー低いって表記されたパン食ってたな。ありがとう。
なにより、お客さん! 自分たちのために予定を空けてお金を払って足を運んでくれる人がいて、幸せでした。ソロだといつも以上に身に染みるこの感覚。
そうだ、イベントタイトルの「シンギング・ゲーム」は、渋谷の古書店で見つけたこの本から取りました。
—————————–
バンドメンバーのこと。
イベント当日、ファゴットの内藤さん以外全員が、七針で行なわれる1983とポニーのヒサミツの2マン(最高の組み合わせ)に出演するという条件のもと、ダブルブッキングを遂行してくれた・・・(水谷たこちゃんとたくみさん=1983、バンビと芦田くん=ポニヒサ)。まじで申し訳ない。幸いにも七針のライブはお昼開催だったので物理的に可能だったのだ。いやみんな優しい。
一同は七針でのライブを終えた後、本来ならビールで打ち上がるはずが、こっちのライブのことを考え話し合い、断酒してくれたそうだ。しかし芦田くんだけ我慢できずに飲んでしまい(笑)、それをフルートのたくみさんが叱ったっていう話を聞いて、超笑った。

内藤彩ちゃんと知り合ったのはUNITでマックデマルコとやった日。会場にいたJerry PaperやHomeshake達にデモ音源を渡す時に通訳してくれたのがきっかけ。
たくみさんもそうだけど、クラシックやジャズに精通している人がロックやポップスを演奏するのってすごくおもしろい。信頼できるミュージシャンです。

菅原バンドが一緒に演奏するのはまだ2回目。即興の要素が多くて、しかも今回はリハを殆どせずに本番迎えたけど、メンバーそれぞれの瞬発力・応用力に助けられた。決めてる部分とそうでない部分のバランスが曲を豊かにすると思ってて、決めてない方のところでみんな自由にやれてた気がするー。菅原本人含め、みんな安心しきることなく、糸を手繰り寄せるように曲を演奏してた。この状態がね、たまんないの。頼りきって、ごめん!
—————————–
気鋭のイラストレーター日向山葵氏がロゴを作ってくれたレーベルバッヂ、めちゃ好評で”ピスタチオ”が売り切れました。”K”も残り僅か。買ってくれた人ありがとう~
11008090_1624312684466226_1257090070_n

“may.eと丘”名義での新しいの、すごくいいな~。声とファゴット、ギターの音がほんといい具合。

may.eさんはTOKYO ACOUSTIC SESSIONでの「おいで」でその存在を知って、ひまわりのような人だなって印象持ってた。
最近は静かな部屋と家具、仄かな海の光、みたいな。そんなんを想起させます。

NEWSです。
丘の一員(すごい字面だな)でファゴットを吹いている内藤彩さんに、当日ゲストで1曲バンドに参加してもらうことになりました!
おれのデモに入ってる「オブリガード」という曲、フルート奏者のたくみさんが一人で2パート吹き込んでくれていて、その完成度の高さというか美しさがめちゃくちゃ気に入ってまして。ライブでもそれを再現できたらなぁと思っていて。
内藤さんと2人で合わせてもらったらさぞかし素晴らしいだろうなぁと思い、声をかけさせていただきました。

Bassoon.jpg
内藤彩さん

3/15「シンギング・ゲーム」、重ねてよろしくお願いします。
予約はこちらでお早めに!
http://shicho.org/2015/03/1event150315/

シンギングゲーム

2015/3/15(日)
神保町 試聴室

“シンギング・ゲーム”

nakayaan(band set)
菅原慎一(band set)

O.A. may.e
開場18:30 / 開演19:00
■料金:予約 2,500円 (1ドリンク、スナック込)

定員に達しましたので、予約の受付は終了致しました。
ありがとうございました。
なお、当日券の有無はライブ当日に本WEBやTwitterでお知らせします。

—————————————-
ミツメのナカヤーンと共同企画やります! 東京でもソロのバンドセットでライブしたいな~と思ってたら、いいタイミングでナカヤーンが声をかけてくれたので開催の運びとなりました。3月はシャムキャッツのリリースもあるけど、なんか春になる前、年度がかわっちゃう前にソロもがっつりやりたいなと思っていて。去年オルグでやった企画、とても楽しかったし。

今回も頼れるバンドメンバーは彼らです。
sugawarabandatzot
菅原慎一 vocal, guitar
水谷貴次 drums
大塚智之 bass
芦田勇人 pedal steel guitar
松村拓海 flute

ゲスト
内藤彩 fagotto


今はなきオルグ…

nakayaanは編成新たに、新曲含め魅せてくれるようです。
前々から気になっていたmay.eも楽しみ。
—————————————-
フライヤーの写真とデザインはトヤマタクロウ氏にお願いしました。タクロウくんの部屋でケーキ食べたり、ナカヤーンがドンキで800円で買ってきたバドミントンのラケットで寒空の中遊んだの楽しかったな。ラリー一回も続かなかったけど。
タクロウくんは今個展開催中。かっこよし。

それでは、”シンギング・ゲーム”よろしくお願いします。